個人的にではありますが厳選してお勧めの温泉を案内しています。

最近流行中の引き出物事情

20代の若い新婚夫婦などが、引き出物を決定する際には、比較的最近流行している物をセレクトする事もあるみたいですね。その場合には、ゲストも若い人が比較的多いかと思います。

最近流行中の引き出物事情については情報を集めてみるといいかと思います。

そして、流行のアイテムがふさわしくないと思った場合には、別の物を引き出物に選ぶといいでしょう。知っていて損はない情報だと思いますので、ぜひ調べておきたいですね。

最近のウェディング事情については、親世代に聞いても分からない部分もあるかと思いますので、ウェディングプランナーに聞いたり、ネットで調べた方が情報を得られる事もあるかと思います。

引き出物で喜ばれる品とは

引き出物はご祝儀のお礼としてお渡しする品物の事を指しますが、地域によって金額の差や考え方の違いがあります。

一般的に結婚式での引き出物としては、消耗品や重くないものが選ばれています。カタログギフトやブランドの食器、キッチングッズ、バス用品などが喜ばれる品物で、タオルのような消耗品も添えられていることがあります。

披露宴に来てくださる年齢層に差がある場合は、その人に合わせた品物を選ぶか、カタログギフトが良いでしょう。あまりに重いものは持ち運びが大変になってしまうので、かさばらないことを意識するのも大切です。

引き出物でもらって困るもの

結婚式などでは引き出物として来ていただいた人やご祝儀をいただいた人に品物を贈ることが多いです。手土産のような意味合いがありますが、近年では記念品として贈ることが多く、引き出物の種類も豊富になっています。

引き出物でもらって困るものには、名前入りのものや、食器セットがあげられます。名前入りのものは、たとえ目立たない場所に入れてあっても処分に困ってしまいます。また食器セットは、好みのものがあり人によっては使わずそのままになってしまうこともあります。人気のあるカタログギフトの場合も、価格が低いものは選べるものが少ないため、困ってしまうことが多いです。

引き出物の持ち込み料とは

披露宴に参列していただいたゲストの方々へ持ち帰って頂く引き菓子ですが多くの結婚式場で、引菓子のパンフレットが用意されておりその中から選ぶことが出来ます。ですが、式場が用意している商品には限りがありますし、2人のこだわりの商品をゲストの方に渡したいと思っている方にとっては一覧から選ぶのが難しい場合もあると思います。そのような方は引き出物のお菓子を持ち込みにすることが出来ます。

この持ち込みとは式場が用意している商品を選ぶのではなく、自分たちで引き出物のお菓子を用意して当日ゲストの方に渡すというものです。ただ、ここで気になるのが持ち込みの制限だと思います。

多くの式場は提携先以外からの持ち込みには制限をかけている場合があります。もちろん式場によっては持ち込みが一切禁止されている場合もあります。ですが、ほとんどの式場では引き出物のお菓子であれば持込料を支払えば持ち込むことが可能なケースが多いです。

引き出物の持ち込み料は式場によって異なりますがだいたい1つあたり300円~500円程度が平均的です。ここで注意するべきことは1つあたりに対して持込料がかかってくるという事です。そのため、ゲストが80名の場合は持ち込み料×80となります。一見すると安いと思いがちですがゲスト全員分と考えると、それなりの金額になるということを注意する必要があります。

結婚式の引き出物の贈り分けについて

最近では結婚式に引き出物の贈り分と言う方式を取り入れる人が増えてきています。贈り分けとは上司、親族、同僚と言った風に自分との関係性によって贈るものを分けるという手段ですが、具体的にどのように区別したらいいのでしょうか。

まず縁起菓子については基本的に分ける必要はありません。全ての人に同じ価格帯のものをプレゼントするようにするといいでしょう。もしカタログギフトでプレゼントを考えているのであれば同僚は3000円程度ものを、上司には5000-7000円程度のものを、親族には10000円程度のラインのものを考えるといいでしょう。

結婚式の引き出物はもらう側の立場に立って考えましょう

引き出物は、結婚式に参列してくれた方に対して、感謝の気持ちを込めて渡す品物となります。お礼の品物なので、もらった人がうれしいような品を渡すようにしましょう。

両夫婦の名前が入ったお皿やコップ、タオルなどは非常に使いにくいのであまり喜ばれません。夫婦の趣味の物も共通趣味を持っている方はいいですが、全員が全員同じ趣味と限らないので、辞めた方がよいです。もらう人の事を考えた品を渡すようにするのは、実は難しいことなので現在ではカタログギフトがとても人気があります。

カタログギフトであれば荷物にもなりませんし、もらった側が好きな品を選ぶことが出来るので人気があります。

引き出物に関する記事

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社についてページを増やしていきます。

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社の記事以外のお問い合わせはこちら

温泉コンシェルジュ

マイクロスコープ

スクラバー

オリジナルTシャツの作成

引き出物

翻訳会社の中国語翻訳

ページトップへ戻る