個人的にではありますが厳選してお勧めの温泉を案内しています。

引き出物はマイプレシャスが便利

カタログギフトは、引き出物の代表的なものになっています。最近はウエディングでも多く取り入れられて、実際に多く入れられています。選んでもらうことが楽にできることが大きなポイントで、自分たちで選ぶことをしなくてもいいメリットがあります。

多く利用されているのがマイプレシャスで、選んでもらえる範囲が非常に広いことがポイントです。多くの商品を持っている他、カタログギフトとしても幅広い取扱がありますので、もらっても選ぶものがないという状況も作られません。ほぼ安心して選んでもらえる、一番使いやすいものとなっています。

マイプレシャスで引き出物を頼んだと木の支払い方法

マイプレシャスではインターネットからも、FAXでも引き出物としての注文を受け付けておりますが、気になるのが支払い方法ですよね。基本的には2パターンになります。一つ目が代金引き換え、二つ目がクレジットカード払いです。

2人とも働いており、荷物の受け取りに時間がかかりそうな場合にはクレジットカード払いをオススメします。また一番楽なのはもし式場でマイプレシャスの取り扱いがあるようでしたら、直接式場に荷物が届くようにしておけば、支払いは式場に支払う際に一緒に払うことができるのでとっても便利です。ポイントがつくようなクレジットカードもありますので、事前に確認Nしておくとお得に購入することができます。

結婚式の引き出物は何日前から頼む?

もし結婚式を挙げる会場と別に引き出物を依頼しようと考えているのであれば、基本的には2ヶ月前くらいから発注をかけておくと安心です。また引き出物を扱っているような業者さんも2ヶ月前以上の注文は受け付けていない所が多く、大体の目安として1-2ヶ月と考えておくといいでしょう。

また挙式日から2週間以内になってしまうと数も数のため、納品が間に合わなくなってしまう可能性が高くなりますので、遅くても3週間以内には発注を終えるようにしてください。特にGWやお盆など長期休暇を挟む場合には注意が必要です。カレンダーや自分達の挙式についてスケジュールの管理をしっかりしましょう。

結婚式の引き出物の数はどれくらい?

一体結婚式において引き出物は何品くらい選べばいいのでしょうか?基本的には2-3品目がベストと言われています。2品目の場合には「メインの引き出もの」+「縁起菓子」、3品目の場合には「メインの引き出もの」+.「縁起菓子」+「かつお節など縁起物」が一般的と言われています。

しかし品目数については「割り切れない数の方がいい」「こういったものがいい」といった地方や、地域の昔からの習慣なども大きく影響してきます。最近の若い人ばかりであればその辺を気にする人も少ないかと思いますが、上司の方などしきたりをきちんと知っている世代を呼んでいる場合には2人で決めてしまう前に親など、詳しい人に相談してみましょう。

結婚式の引き出物の由来とは

引き出物は古くは平安時代に始まった習慣で歴史は長く、現在では結婚式でなくてはならないアイテムとなります。さまざまな業者がありますので、式場や季節、ゲストの年代や性別を考え、選んでいくことが大切です。

また、最近ではカタログギフトを利用し、ゲストの立場や気持ちを考え、配慮をされる新郎新婦が増えています。近年ではサービスが多様化されていて、結婚式場で渡すのではなく、持ち帰りで荷物を増やさないように宅配で届けてくれるサービスもあります。決めていくのは大変ですが、新郎新婦らしい逸品を贈ることが大切と言えます。

豪華な引き出物は結婚式の価値を高める

かなり予算に余裕のある方は、引き出物にも余裕のあるところが見られます。

かなり予算がかかっている引き出物を渡して、出した祝儀に対して見返りがすごく多いようなイメージがあります。芸能人の結婚式では、かなり大きな見返りが得られるとも言われており、参加している方が大きなメリットを得ています。

ただ芸能人ともなれば、祝儀として出すものはかなり多くなっており、それ以上の金額を払っている傾向もあります。豪華な式場を借りていることも多くありますので、場合によっては結構な額を準備して、無理をしてでも渡している人もいます。だからこその余裕とも言えるのでしょう。

引き出物に関する記事

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社についてページを増やしていきます。

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社の記事以外のお問い合わせはこちら

温泉コンシェルジュ

マイクロスコープ

スクラバー

オリジナルTシャツの作成

引き出物

翻訳会社の中国語翻訳

ページトップへ戻る